水素水おすすめ通販比較

近年、大注目の水素水の効能とは?

 

水素水とは、水素を高い濃度で溶かし込んだ飲料水のことを指します。体内の酸化物から酸素を奪って、酸化を解消したり、動脈硬化の進行を抑えたりする効果があることで注目されています。日本でも欧米諸国と同じように、心筋梗塞や脳梗塞などの血管病が死因の上位を占めており、依然として減少する気配は見られないのが現状です。そうした中で、誰でも手軽に血管病の予防や健康管理ができるこの飲料水は、近年、多くの人々からの関心を集めています。高濃度の水素の中に含まれている抗動脈硬化作用は、酸化ストレスを抑制し、還元する力があり、あらゆる抗酸化物質の中でも高い効果を発揮します。また、ビタミン類ほどの強力な還元力がない代わりに、体内に必要な善玉活性酸素までも失ってしまうことなく、悪玉活性酸素のみを還元できるという優れた特性があります。
このように、様々な健康効果が期待され、通販等でもよく見かけるようになった水素水。しかし、現在市販されている商品にはたくさんの種類があるために、どんな違いがあり、どれを買えば良いのか分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はペットボトルの商品や缶の商品、アルミパウチの商品、水素水サーバーなどの色々なタイプの商品の水素濃度や酸化還元電位と呼ばれる数値をそれぞれ計測し、コストパフォーマンスの高さや利便性などの特徴を分かりやすく比較した上で、おすすめの商品をご紹介します。

 

知られざるアルミパウチと水素水サーバーの優れた効果

今回の調査では、ペットボトルの商品、缶の商品、アルミパウチの商品、サーバータイプの商品の大きく分けて4種類のタイプの特徴や違いについて調べました。その結果、ペットボトルの商品は私たちの手元に届くまでに肝心の水素の大部分が抜けてしまっている可能性が高く、缶の商品の場合には、一度に飲みきらないと水素がほとんどなくなってしまう恐れがあるということが分かりました。それに比べてアルミパウチの商品は優秀で、脱気をする事により、ある程度の時間が経っても水素の効果を充分に保ったまま保存できるということが証明されました。また、水素水サーバーは長い期間でみると、他の市販品に比べてメリットが大きいということも分かりました。
サーバータイプのものは、時間経過によって水素濃度や酸化還元電位の数値が著しく減ってしまう恐れがないため、保存状態を心配する必要がありません。水道直結型を選択した場合には、長く利用することで、高いコストパフォーマンスを誇るのも大きな特長と言えます。そして、専用の保存容器などを使用することで持ち運びなどの面でも優れ、冷水と温水ともに利用することもできるので、用途の幅も更に広がります。逆にデメリットとしては、初期導入費がかかってしまうということと設置する場所を考えなくてはならないということが挙げられます。そのため、温水としての利用などは考えておらず、個別にパッケージしてあった方が利用しやすいと考えている方には通販等で売られているアルミパウチの商品の購入をおすすめします。

 

数あるアルミパウチのタイプの中でも特におすすめなのが、「ビガーブライト」という水素水です。これまでに計測したいくつかのアルミパウチの市販品の中でも酸化還元電位および水素濃度が特に高く、比較的飲みやすいのがこの商品の特長です。また、経済的な面でも大変優れており、500ミリリットルの30本セットで通常価格が9600円のところ、現在行われているWEB限定キャンペーンにより、驚きの激安価格でで購入する事ができます。さらに定期購入を申し込むことで、初回と2回目が6900円になるのに加えて、3回目以降は特別価格の8400円というお求めやすいプライスで手に入れることができるのです。この定期購入の解約はいつでも出来ますので、お気軽にお申し込みが可能です。

 

用途に応じた選択で健康的な生活を

今回の調査結果から、水素水の持っている還元作用や抗動脈硬化作用を余すことなく摂取するためには、ペットボトルや缶の商品よりもアルミパウチの商品やサーバータイプを利用する方がより効果的だということが分かりました。長期的で多目的な用途での利用を考えている方はサーバータイプの設置を、「まずは手軽に水素水を試してみたい」と考えている方は通販等でのアルミパウチの商品の購入を強くおすすめします。ぜひ貴方も、ご自分に合った水素水で明るく健康的な毎日をお過ごしください。